Blue Moon

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑茶カフェでモンブラン

<<   作成日時 : 2009/11/23 21:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

友達と、近所の隠れ家風緑茶カフェでお茶しました

私はくき茶セットを。
洋菓子or和菓子を選べたので、洋菓子を選択。
お店に入った時にモンブラン食べてる人がいて、
おいしそうだったもので


いろいろおしゃべりをした中で、こんな話をしました。

実は少し前、小学校3年時の担任が
一酸化炭素中毒事故で亡くなったのです。
(ニュースにもなりました)

もう20年近く会っていなかったし、
今後も会うことはないだろうと思ってた人でした。

でも、亡くなったと知って
寂しい気持ちになった。

そう思うのはどうしてだろう?

生きていて、二度と会うことがないということと、
亡くなって、二度と会うことはないということ。

会え(会わ)ないことは同じなのに、
どうして寂しいんだろうって。


「人の死は悲しい・寂しいものっていう
 刷り込みがあるからかなぁ」

って私が言うと、友人は

「”もしかしたら”っていう可能性が
 なくなってしまうからじゃない?」

と。

それも一理あるな、、、と思った。

お互い生きていれば、
どこかでまた互いの道が交わることがあるかもしれない。
「久し振り」って挨拶だけでもする機会があったかもしれない。

可能性がゼロかそうじゃないかって大きいものだな、と。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

たしかに、亡くなられた場合には
『合えるかもしれない可能性』
がなくなってしまう・・というのはそうだなーと
思いました。

お互いが知らずに、実は偶然に街ですれ違っていた事もあると思うものですからね。

出会いというのは本当に一瞬でも
大事なものだと思いますよ。
tarebon
2009/11/23 21:48
>tarebonさん
こんばんは!

そうですよね。
人生どんな巡り合わせがあるか
わからないですし、
思いがけないところでの再会が
あるかもしれないですし。

そして、そういうことが起こり得る
ということが、
ちょっと楽しみだったりするのですよね。
しお
2009/11/28 17:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
緑茶カフェでモンブラン Blue Moon/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる